記事更新ツイートはこちら

【FX・戦略】トレンドで大きく勝ち、レンジで負けない

トレンドで大きく勝ち、レンジで負けない

為替市場では「上昇トレンド」「下降トレンド」「レンジ」の大きく3パターンしか存在しません。つまり、毎日・毎月の勝率を上げるには3パターンそれぞれに応じた考え方や戦略を持つ必要があります。今回はそんな「あらゆる局面で勝つ」をテーマに書いていきます。

トレンド相場で大きく勝つ

「トレンド相場」とは、価格が上昇・下降のハッキリとした方向に動いている相場のことです。為替では、明確な転換期を迎えるまで「トレンド相場」が続くと言われています。

「上昇トレンド」は、為替レートが上下に変動しつつも、全体として右肩上がりで上昇していく相場のことを指します。「下降トレンド」はこの逆で、為替レートが上下に変動しつつも、全体として右肩下がりで下降していく相場のことを指します。

トレンド相場はその性質上、転換期でエントリーしない限り負けることはありません。トレンドを見つけたら大きく取れるチャンスだと思うようにしてください。トレンドは各時間足に存在し、大きい時間足であればあるほど大きな価格幅で動きます。転換期か否かの見極めが重要となるので、大きい時間足でトレンドが発生していても、すぐには飛びつかずに小さい時間足のトレンドでエントリータイミングを計るようにしましょう。

トレンドが発生していても一直線に価格が上がって行くわけではありません。必ずN字を描きながら価格は動いていきます。上昇トレンド時に一時的に価格が下がることを「押し目」、下降トレンド時に価格が一時的に上がることを「戻り」といいます。トレンドでトレードする際には「押し目買い」と「戻り売り」を狙うことでより大きい値幅で取ることが出来ます。

レンジ相場で負けない

「レンジ相場」とは、価格が一定の範囲内で上下している相場のことです。(または上下の方向性が定まっていない相場を指します) 為替では相場の7割近くがこの「レンジ相場」であると言われています。

ボックス(四角形)、ペナント(平行四辺形)、フラッグ(三角形) など形は様々ありますが、どの形を形成しているにしても、上で蓋となっている「レジスタンスライン」と、下で底となっている「サポートライン」の間で上下動を繰り返すことが特徴になります。(下記画像は分かりやすい例ですがここまではっきりと上下が一定間隔なのは珍しいです)

また、レジスタンスラインとサポートラインの間で上下動を繰り返していた相場が、反発せずに上(もしくは下)に突き抜けることをブレイクと言います。レンジ相場は、上昇または下降する力を蓄えた後、必ずブレイクするということを覚えておいてください。ブレイクされた相場は「トレンド相場」へと変わります。

「レンジ相場でのトレードが苦手だ」という方が多いですが、実はレンジは(ブレイク時に当たりさえしなければ)負けにくい相場となっています。特にボックス(四角形)状のレンジ相場は平行線上で反発するので、例え天井や底値の近くでエントリーしてしまっても、再び戻て来たタイミングで撤退することができます。ペナント(平行四辺形)、フラッグ(三角形)についても、全体の傾きに合わせた方向にエントリーすれば負けることは少ないです。

ただし、エントリー方向とは逆方向にブレイクした場合は、すぐに損切りする必要があります。FXは素直に負けを認めることで傷を浅くすることができるので、思惑と違う動きを見せた場合にはその後どう動こうと一旦損切りすることをオススメします。

まとめ

まずはチャートを見たときに、今がトレンド相場なのかレンジ相場なのかを判断できるようになることが大切です。また、同じペアのチャートでも各時間足ごとに相場の形は変わってくるので、トレンドとレンジ、自分の得意なパターンを見つけて、ロットをコントロールしながらトレードするようにしてください。トレンドにしろレンジにしろ、エントリーポイントさえ的確であれば、まず負けることはないということを忘れないでください。(つまり損切となった場合はエントリーポイントの見極めが甘いということです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA