記事更新ツイートはこちら

【Adblock Plus】アドブロックで特定のサイトのみ広告表示を許可する方法

アドブロックで特定のサイトのみ広告表示を許可する方法

ブラウザでの検索時に不要な広告を表示させないため「Adblock Plus」を導入しているという人は多いかと思います。しかし極稀に「広告表示を許可していなければ正常に機能しない」といった設定がされているHPが存在します。そこで今回は「指定したサイトのみ広告表示を許可する」といった設定方法を紹介していきます。

アドブロックとは

「アドブロック」とはブラウザで広告をブロックするための拡張機能です。無料で使用することができ、単純な広告だけではなく「トラッキング」「マルウェア」「ソーシャルボタン」などをブロックする機能も搭載されています。

アドブロックの導入方法

ブラウザの拡張機能のため「Chrome」「Firefox」など使用するブラウザごとに導入が必要です。使用しているブラウザで「Adblock Plus」と検索し、公式リンクから導入してください。

「Google Chrome」の場合はこちら

特定のサイトのみ広告を許可する方法

「Adblock Plus」には「ホワイトリスト」の機能が備わっており、そこに広告を表示させたいサイトを登録することで、特定のサイトのみ広告を表示せることが可能です。今回は「Chrome」を例に紹介します。

  1. 「Chrome」を起動する
  2. 画面右上「GoogleChromeの設定(・・・マーク)」をクリック
  3. 「設定」をクリック
  4. 左メニューで「拡張機能」をクリック
  5. 「Adblock Plus – free ad blocker」の「詳細」をクリック
  6. 「拡張機能のオプション」をクリック
  7. 「ホワイトリストに登録されているウェブサイト」をクリック
  8. 広告を表示させたいサイトのURLを入力
  9. 「ウェブサイトの追加」をクリック

ホワイトリストに登録すべきサイト

「Adblock Plus」は、稀に広告以外もブロックしてしまうことがあるので、デザインが崩れたり、ショッピングサイトが使えなくなったりした場合には、上記の手順で「ホワイトリスト」に対象サイトを加えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA