記事更新ツイートはこちら

【FX・戦略】通貨の強弱を知り、トレードの難易度を下げる

通貨の強弱を知り、トレードの難易度を下げる

日々トレードで勝ち続けるにはトレードの難易度を下げる必要があります。考え方や手法・テクニック・分析など、トレードの難易度を下げる方法は複数存在しますが、今回はその中でも、毎日10分ほどの作業で可能な方法を紹介していきます。

各通貨の強弱を知る

通貨ペアの価格変動は言い換えると「各通貨に強弱がある」ということです。「USD/JPY 」にてチャートが右肩上がりであれば「ドルが買われ、円が売られている」ということになり、チャートが右肩下がりであれば「ドルが売られ、円が買われている」というになります。

これはつまり「USD/JPY」でチャートが右肩上がりならば「USD>JPY」というチカラ関係が発生しているということです。このチカラ関係を各ペアで確認することで、トレードの難易度を下げることができます。

また、単に難易度を下げるだけではなく、複数の通貨ペアにてこの作業を行うことで、より難易度の低い通貨ペアを見つけることが可能です。トレードに慣れて来たら少しずつ日々確認するチャート数を増やしていくことをオススメします。参考までに私が毎日確認している通貨ペアは下記の通りです。

  • USD/JPY
  • EUR/USD
  • GBP/JPY
  • AUD/JPY
  • CAD/JPY
  • CHF/JPY
  • NZD/JPY
  • GOID(金)
  • JP225Cash(日経平均)
  • US30Cash(NYダウ平均)

強い通貨と弱い通貨のペアでトレードする

上級者になると、様々な組み合わせの通貨ペアで強弱を確認し、最も強い通貨と最も弱い通貨のペアでトレードすることでより難易度を下げています。最も買われている通貨と最も売られている通貨のペアでは高確率で強いトレンドが発生してるので、そのトレンドに乗る形でトレードします。

例えば、チカラ関係の確認を「USD/JPY」「EUR/JPY」「EUR/USD」で実施し、その結果が「USD>JPY」「JPY>EUR」「USD>EUR」であった場合「USD>JPY>EUR」というチカラ関係が分かります。つまりこの場合には「EUR/USD」のペアが最も難易度が低く、このペアでショートポジションを持つことが、一番勝率の高いトレードということになります。

強弱確認おすすめサイト

下記サイトで主要通貨の強弱を確認できます。USDとJPYの方向を確認し、逆方向に動いている通貨を見つけてそのペアでトレードします。自分のテクニカル分析に加えて通貨の強弱を確認することで勝率はぐっと上がります。

まとめ

慣れてしまえばこの確認作業は5分程度しかかかりません。この確認はエントリー根拠の1つとしても機能するので、テクニカル分析と合わせることで更に勝率を上げることができます。確認するペアやその数は自由ですので、自分の力量に合わせて試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA