記事更新ツイートはこちら

【FX・戦略】まずは原資の2.5倍を目標にする

まずは原資の2.5倍を目標にする

為替を始める人の多くは「資産を増やすこと」を目的にしていると思います。しかし、具体的にいくら稼ぎたいというところまで決めてから始める人は少ないです。もちろんお金はあればあるほど良いですが「1億円稼ぎたい!」など、漠然とした目標では長くモチベーションを保つことができません。まずは、達成できそうな目標を立てて、少しづつ大きな額を目指していきましょう。今回はそなな「最初の目標の決め方」について紹介していきます。

原資を抜くことが最初の目標

最初の目標は、原資(使用した金額)を出金することになります。これは「5万円を入金して開始した場合、まずは5万円を出金することを目標とする」ということです。

もちろん出金後もトレードを続けるわけですから、FX口座にも開始時以上の金額を残す必要があります。目安としては原資が2.5倍になったときに出金するのが良いかと思います。開始額が5万円ならば、12.5万円になったとき5万円出金するといった感じです。

原資を抜くことのメリット

1つは「目標を達成することで自分のトレードに自信が付く」ということです。過信は良くないですが、少しも自信がないことも問題です。目標を達成したという事実が、自分のトレードを後押ししてくれるかと思います。

もう1つは「精神的負担の軽減」です。原資を抜いた後は「自分のお金を1円も使わずにどこまで資産を増やせるか」というマネーゲームになります。減っても増えても自分が使ったお金は0円なので、精神的にかなり楽です。(海外FXの場合は、損益通算が年内に収まるようにしてください)

まとめ

「原資を抜く」というこの目標、簡単なようで中々難しいです。始めたてながらも損失を上回る形で勝ち続けなければならないので難しくて当然です。上手くいかないという方が多いかと思いますが「自分がセンスがないんだ…」などと落ち込み過ぎないように気を付けてください。

スポーツやゲームでも最初から上手い人の方が稀です。ロット管理をしっかり行い、トレードを重ねて、徐々に目標達成へ向けて資産を増やしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA