記事更新ツイートはこちら

【収入2倍】自分に合った「稼げる」副業の探し方

自分に合った「稼げる」副業の探し方

「副業を始めたいけど、何をやったら良いのか分からない」そういった方は多いのではないでしょうか。今回はそのような方へ向けて「自分に合った副業の探し方」をいくつか紹介していきます。

ここで紹介する方法は、私が実践した方法です。今ではサラリーマンをしながら「ブログ」「為替投資(FX)」「Webコンサル」など、複数の副業で本業と同じくらいの収入を得ています。「転職せずに収入を増やしたい」「新しいことに挑戦して収入の柱を増やしたい」という方は、是非ともこの記事を参考に「副業」を始めてみてください。

やりたいことから副業を決める

明確にやりたいことや目標があるか

「YouTube」や「SNS」「ブログ」などを見ても分かるように、現在は何でもお金にすることができる時代です。そのため「これをやってみたい!」という何かが既にあるという方は、それに挑戦するのが一番かと思います。基本的に副業は本業以外の時間を使ってやるものなので、短時間でこなす必要があったり、睡眠時間を削る必要があったりと、慣れるまでは結構しんどいことが多く、ある程度やる気やモチベーションがなければ継続させることができません。

やりたいことを見つける

まだ明確にやりたいことがないという方はクラウドソーシングなど副業や個人事業主向けの案件紹介サイトなどを覗いてみて「どんな副業があるのか」「どんな内容でいくら稼げるのか」を知ることから始めてみましょう。

ここで「やりたいこと」「挑戦してみたいこと」が見つかれば、あとはそれを実現するための準備を進めて実際に挑戦していくだけです。動機は「たくさん稼げるから」「案件が多いから」「簡単そうだから」など、何でもアリです。

例)HP作成が稼げると知り興味を持つ → HP作成の手順や必要な知識・技術が何かを調べる → HPをいくつか作ってみる → クラウドソーシングなどで案件に応募してみる → 自分に発注されれば見事「副業」として成立

【副業探しにも使える】クラウドソーシングを上手く利用して稼ぐ方法

実現するには時間がかかる

やりたいことを優先して副業を決めた場合、技術や知識がないものを選ぶ人が多いです。新しいことに挑戦することは凄く良いことですし、モチベーションを維持するためにも重要なことなのですが、知識や技術を得るために時間をかける必要があるので「副業」として満足のいく利益が出るまでは時間がかかることを理解しておいてください。

その分「副業」として開花した際には大きな利益を得ることが出来ますし、やりようによっては収入が「本業」を超え、個人事業主として「脱サラ」する日が来るかもしれません。かけた時間は決して無駄にはならないので「やりたいこと」が見つかったのであれば迷わず挑戦していきましょう。

自分の経験から副業を探す

やりたいことが見つからない場合

「やりたいこと」「挑戦してみたいこと」がない、探しても見つからない。だけど何か副業を始めて副収入を得たい。そういった方は、まず「自分にできること」「自分がやってきたこと」を書き出してみてください。そうやって書き出した内容から「副収入」に繋がりそうなものをピックアップし、自分にできる「副業」を探していきます。

自分の経験を書き出す

実際に例として私の経験を書き出してみます。書き出しの範囲は自由ですが、今回は短縮のため「実際に利益が発生した経験」に絞ってを書き出していきます。(学生時代のバイト含む) そのような経験があまりないという方は「趣味の経験」などを含めてみるのもありです。

  • 家庭教師
  • 居酒屋店員
  • 人材派遣の営業
  • 転職サイト運営
  • 企業内システムの運用設計
  • 仮想通貨の現物取引
  • 仮想通貨HPの作成・運営
  • 国際通貨のトレード(FX)
  • 為替(FX)HPの作成・運営
  • 為替(FX)の個別指導
  • 漫画ネタバレHPの作成・運営
  • IT系ヘルプデスク
  • PCキッティング

書き出した内容をキーワード化する

自分の経験を書き出してみたら、次は書き出した内容を「キーワード化」してみましょう。キーワード化とは「家庭教師」なら「指導」など、大枠として捉えていくことです。私が書きだした内容の場合、下記のようなキーワードが出てきます。

  • 指導
  • 接客
  • IT
  • HP
  • 投資

組み合わせて具体化する

自分の経験をキーワード化することが出来たら、あとはその内容を組み合わせたり、削ったりして、具体的に自分にできそうな副業を導き出していきます。私の場合「指導」「接客」「HP」というキーワードから「個人向けのWebコンサル」という副業を導き出しました。現在では実際に「HP・LPサイトの作成代行」や「HP集客・SEO対策に関するコンサル」などで副収入を得ています。

人によってはキーワード化した内容だけでは上手く「副業」に繋がらないかもしれません。そういった場合は「何があれば副業にできるのか」を考え、キーワードを補ってみましょう。

例えば、趣味が海釣りの人はキーワード化すると「釣り」になりますが、このままでは「副業」として成立しません。そこで「発信」というキーワードを足して「釣りブログ」や「釣り系Youtuber」にしてみたり、「指導」というキーワード足して「釣りインストラクター」や「釣りアドバイザー」にしたりと、要素を足すことで「副業」にすることが出来ます。

何でもお金になる時代

稼ぐ手段を自分で選択する

個人が当たり前にPCやスマホを持つ今の時代は、物の売買だけでなく、情報や経験、個人の趣向までもがお金になる時代です。そんな時代である一方で、本業では好きなことをできません。生きるために嫌々仕事をしている人が大半です。

「何でもお金になる時代」であり「本業では好きなことをできていない」からこそ「副業」は自分の納得のいくものを選びたいものです。単に収入を増やすというのも良いことではありますが、どうせやってみるのであれば、活気に満ちた生活が送れるような自分好みの「副業」を探してみてください。

【副業探しにも使える】クラウドソーシングを上手く利用して稼ぐ方法

副業を本業にする選択

「副業」を続けていて「本業」と収入が逆転するというのは珍しい話ではありません。もし、この記事から副業を始め、副業が本業を超えたという方は「脱サラ」という「副業を本業にする選択」についても考えてみてください。下の記事に詳しく書いていますが「脱サラ」はお金持ちになるために必要なステップの1つとなっています。

【お金持ちの共通点】年収1000万円以上になるための5ステップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA