記事更新ツイートはこちら

【Windows10】Chromeを常にシークレットモードで起動する方法

Chromeを常にシークレットモードで起動する方法

「Google」が提供しているブラウザ「Chrome」には、通常であればインターネット検索時に残るはずの「Cookie」や「閲覧ページ履歴」などを残さない「シークレットモード」という機能が備わっています。本来は用途に応じて一時的に使用する機能ですが、今回は常にシークレットモードとして起動させる設定方法を紹介します。

インターネット使用時に残る情報

「シークレットモード」ではない通常の状態で「Chrome」を使用した場合、インターネット検索時などに下記の情報が残ります。

  • Cookie
  • 閲覧時間
  • ページの履歴
  • キャッシュ画像
  • ダウンロードしたデータ
  • 入力パスワード(任意)

上記の情報はなにも「Google」が不正に情報を集めているということではなく、何度もログインし直す手間を省いたり、次回検索時の表示スピードを向上させたりと、ユーザーが快適にインターネットを使用することができるようにと備わっている機能です。

しかし、家族で共用のPCを使用していたり、社用PCを使用している場合は、これらの情報を残したくないという方が多いかと思います。そんな時に使用するのが「シークレットモード」です。(会社で全ての接続先を取得されるような設定がされている場合は回避不可です)「シークレットモード」では「Cookie」などが保存されず、閲覧履歴は「Chrome」を閉じたタイミングで削除されます。

他のブラウザの場合

「Cookie」や「閲覧履歴」などの情報が残るのは「Google Chrome」に限った話ではありません。「Internet Explorer」「Microsoft Edge」「Mozilla Firefox」「Safari」「Opera」など、どのブラウザを使用した場合でも残るようになっています。

また「シークレットモード」とは「Chrome」固有の呼び方であり、「Firefox」なら「プライベートブラウジング」、「IE」なら「InPrivateブラウズ」といったように、機能は同じでもブラウザにより呼称は異なります。

シークレットモードの起動方法

Windows10のPCで一時的に「シークレットモード」を使用したい場合は、主に2つの方法で起動することができます。※スマートフォンやタブレットの場合は「2.」の方法で「シークレットモード」の使用が可能です。

  1. 「Chrome」を起動している状態で「Ctrlキー」+「Shiftキー」+「Nキー」を同時押し
  2. 「Chrome」を起動している状態で右上の設定ボタンをクリックし、「シークレットウィンドウを開く」をクリック

常にシークレットモードで起動させる方法

Windows10のPCで常に「シークレットモード」で「Chrome」を起動させたい場合は下記の設定を行います。※下記「–incognito」の前には半角スペースを1つ入力してください

  1. 「Chrome」のショートカットを右クリック
  2. 「プロパティ」をクリック
  3. 「ショートカット」タブを開く
  4. 「リンク先(T):」の内容の最後に「 –incognito」を追記する
  5. 「適用」をクリックし「OK」クリックする

シークレットモード使用時の注意点

「シークレットモード」はあくまで端末上に情報が残らないようにするための機能なので、接続先のサイト運営者やプロバイダ、会社のシステム担当者などに対しては閲覧履歴や接続履歴を隠すことはできません。全ての履歴を削除できているわけではないという点にご注意ください。

また「シークレットモード」では「SNS」や「会員制サイト」など、ログインが必要なサイトで入力した「ID」や「パスワード」は保存されないため、「ID」や「パスワード」は必ず自己管理するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA