記事更新ツイートはこちら

【iPad】第2世代のApplePencilが使えるiPadまとめ

第2世代のApplePencilが使えるiPadまとめ

最近は気軽にお絵描きするためのツールとして「iPad」を使用する人が多いようです。私は書籍をすべて「Kindle」で購入しているため、読書用として「iPad」を購入しようかと思っているのですが、どうせ買うなら気ままにお絵描きもできるように「ApplePencil(第2世代)」を使用できる機種にしたいと思っています。そこで今回は「ApplePencil(第2世代)」を使用可能な「iPad」について調べたものをまとめていきます。

なぜ第2世代が良いのか

2015年に発売された「ApplePencil 第1世代」と、2018年に発売された「ApplePencil 第2世代」ですが、充電方法が大きく違います。第1世代は「iPad」本体に差し込む必要があるのに対して、第2世代は本体に張り付けるだけで充電可能です。

また、第1世代がツルツルした素材で作られているのに対して、第2世代はマッド素材で作られています。そのためカフェなどで使用していても第2世代は落としにくくなっています。

その他にも、ダブルタップで「鉛筆」「消しゴム」を切り替えなど「第2世代」の方がより絵やメモを書くことに特化した機能が備わっています。約4000円の価格差はありますが、絵を描く目的であれば「ApplePencil 第2世代」とその対応「iPad」を購入するのがよさそうです。

第2世代 対応iPad

発売年 ipad名・サイズ 世代 公式価格(256GB)
2020 iPad Air 第4世代 79,800円(税別)
2020 iPad Pro 12.9 第4世代 115,800円(税別)
2018 iPad Pro 12.9 第3世代
2020 iPad Pro 11 第2世代 95,800円(税別)
2018 iPad Pro 11 第1世代
  • iPad Air (第4世代)
  • iPad Pro 12.9 インチ (第3世代) 以降
  • iPad Pro 11 インチ (第1世代) 以降

今後発売される「iPad Pro」「iPad Air」は全機対応となりそうです。

雑に扱うなら中古もあり

PC・スマートフォン・タブレットなどは新品を買いたい方が多いですが、雑に扱うという場合は中古品もありかと思います。個人的には「並品」以上の状態で、新品との価格差が「2~3万円」以上であれば検討に値します。(スマートフォンやタブレットは分かりませんがPCは割とリース返却品などが出回っていたりします) ぜひ購入の際は中古販売サイトなども覗いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA