記事更新ツイートはこちら

【PC版】オススメの動画編集ソフトとその値段まとめ

オススメの動画編集ソフトとその値段まとめ

コロナ禍の影響で在宅時間が増えたためか「YouTube」へ動画投稿を始める方が急増しています。スマホで撮影し、アプリで編集・投稿している方も多いようですが、凝った編集や「ゲーム実況」など一部の動画はスマホでは難しいかと思います。そこで今回は「PCでオススメの動画編集ソフトとその値段」について紹介していきます。

Filmora X

無料でもダウンロード可能な編集ソフトです。「Windows」「Mac」どちらでも使用可能です。無料版の場合、出力後の動画に「Filmora」のロゴが入ります。ロゴ入りの動画は見栄えが悪いため「YouTube」などに投稿したい場合は有料版の購入をオススメします。

有料版の価格は個人利用の場合「8,980円(永続ライセンス)」です。YouTubeの個人チャンネルであればこちらのライセンスで問題ないとのことです。しかし、事務所に所属する場合や、動画を販売したり、動画編集の副業を行う場合は、商用版のライセンスを購入する必要があります。商用版の価格は「14,900円(永続ライセンス)」です。

テンプレートやエフェクト・機能が多く使いやすい一方で「動作が重い」との意見をよく目にします。「GPU」への負荷が大きいようなので、そこそこの「グラフィックボード」を積んでいないPCで使用する場合は注意が必要です。無料版から有料版への切り替えも可能なので、一度使用してみてから購入を検討するのが良さそうです。

  • 無料版にはロゴが入る
  • 有料版個人利用:8,980円(永続ライセンス)
  • 有料版商用利用:14,900円(永続ライセンス)

Filmora X Windows版

Filmora X Mac版

Adobe Premiere Pro

多くの「YouTuber」も使用している最も有名な動画編集ソフトです。「Windows」「Mac」どちらでも使用可能です。動画編集におけるあらゆる機能が搭載されています。買い切り版の永続ライセンスは存在せず、「2,480 円(月額)」で使用可能です。「5,680 円(月額)」のコンプリートプランでは、動画編集ソフトの「Premiere Pro」だけでなく、画像編集ソフトの「Photoshop」、イラスト作成ソフトの「Illustrator」、PDF編集ソフトの「Acrobat」など、あらゆるアドビ製品を使用することができます。

  • 多くのYoutuberが使用しているソフト
  • 動画編集ソフトのみ:2,480円(月額)
  • あらゆるアドビ製品使用可能:5,680円(月額)

Adobe Premiere Pro 公式ページ

OpenShot Video Editor

完全無料で使用することができる動画編集ソフトです。「Windows」のみ使用可能です。有料のものほどあらゆる編集が可能なわけではありませんが「トリミング」「エフェクト」「トランジション」「テキスト挿入」「クロマキー合成」など、基本的な機能は全て搭載されています。細かい音量やフォントの調整など、ハイクオリティな動画作成を求めなければこのソフトで十分かと思います。動画編集を一度もしたことがないという方は、有料ソフトの購入前に一度触ってみるのもありかもしれません。

  • 完全無料で使用可能
  • 動画編集初心者向け
  • Mac版はなし
  • 日本語化可能

OpenShot Video Editor 公式サイト

DaVinci Resolve 17

完全無料ながらも高機能な動画編集ソフトです。「Windows」「Mac」どちらでも使用可能です。他と比べると導入方法に手間はかかりますが、その分有料ソフトと変わらない機能が搭載されています。有料版もありますが「UltraHD」の動画を扱わない限り必要はありません。

  • 完全無料で使用可能
  • 高機能
  • 日本語化可能

DaVinci Resolve 17 公式サイト

Power Director

国内で最も売れている動画編集ソフトです。「Windows」「Mac」どちらでも使用可能ですが「Windows」の方が製品種が多いです。買い切りの「Power Director Ultra」と、月額制の「Power Director 365」があります。他にも細かな種類がいくつかありますが、価格と機能を見た感じではこのどちらかを選ぶことになりそうです。

慣れるまでは操作性が悪いと感じるかもしれませんが、慣れてしまえばそこまで気になりません。ネットに情報も多いため、困ったことややりたいことは大体検索で解決します。公式のサポートも充実しているためその点は初心者でも安心です。

  • 有料版のみ
  • Power Director Ultra:12,980円(買い切り)
  • Power Director 365:8,480円(年間)

Power Director Ultra

Power Director 365

私が使用している動画編集ソフトは「Power Director 365」です。「Power Director 15」という旧版を愛用していたのですが、機能に限界を感じたため「Power Director 365」を導入しました。皆さんもこの記事を参考に自分に合った動画編集ソフトを見つけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA