記事更新ツイートはこちら

【Windows10】ディスク内の容量不足を解消する方法(ディスクのクリーンアップ編)

ディスク内の容量不足を解消する方法(ディスクのクリーンアップ編)

Windowsアップデート実施時やソフトのインストール時に、容量不足でエラーになったことなどないでしょうか。このような場合「ディスクのクリーンアップ」が有効です。そこで今回は「ディスクのクリーンアップ手順」について紹介していきます。

ディスクのクリーンアップとは

「ディスクのクリーンアップ」とは、PC内の掃除のようなものです。定期的に掃除をしなければ部屋の隅に埃が溜まってしまうように、PC内にも「ゴミ箱」内や「一時ファイル」など不要なデータが溜まっていきます。これを一掃してくれるのが「ディスクのクリーンアップ」です。長いことPCを使っていると気づかないところに結構な容量溜まってしまうので、3か月に1回くらいの頻度で実施することをお勧めします。

ディスクのクリーンアップの手順

  1. キーボードにて「Windowsマーク」と「E」を同時押しで「エクスプローラー」を起動
  2. 「Cドライブ」にて右クリックし「プロパティ」をクリック
  3. 「ディスクのクリーンアップ」をクリック
  4. 全てにチェックを入れて「OK」をクリック
  5. 「ファイルの削除」をクリック
  6. 完了後「Shift」キーを押しながら通常方法でシャットダウン

システムファイルのクリーンアップ

これでも容量不足が解消されない場合は「システムファイルのクリーンアップ」を試してみてください。

【Windows10】ディスク内の容量不足を解消する方法(システムファイルのクリーンアップ編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA