記事更新ツイートはこちら

【ワンピース・考察】他の四皇から分かる赤髪海賊団の能力

他の四皇から分かる赤髪海賊団の能力

物語の初めから登場しているにも関わらず、未だ謎の多い「赤髪海賊団」ですが、他の四皇について読み解くことで、どのような能力を持っているのか絞り込むことが可能です。当記事では「赤髪海賊団」がどのような戦闘スタイルや能力なのかを、他の四皇の傾向と合わせて紹介していきます。

四皇の傾向

能力の偏り

グランドライン後半の海「新世界」に君臨する4人の大海賊「四皇」とその仲間たちには、能力の系統に偏りがあります。これは誰が見ても明らかなほどの偏りですので、意図して分けられているようです。まずは、既に主要メンバーとその能力が判明している「四皇」を紹介していきます。

白ひげ海賊団

「頂上決戦」で白ひげが死ぬまで「四皇」として君臨していた「白ひげ海賊団」は「パラミシア系の白ひげ」「ゾオン系幻獣種のマルコ」「ロギア系のエース」「パラミシア系のジョズ」と主力メンバーがバラバラの系統の能力を持っていました。また、「ビスタ」や「イゾウ」のような無能力者も主力にいるため、「白ひげ海賊団」は、能力に偏りがない海賊団であることが分かります。

黒ひげ海賊団

「頂上決戦」から2年後の「新世界」では「白ひげ海賊団」に代わり「黒ひげ海賊団」が「四皇」に位置付けられています。「黒ひげ海賊団」は、「パラミシア系&ロギア系の黒ひげ」「パラミシア系のシリュウ」「ゾオン系幻獣種のカタリーナ」など「白ひげ海賊団」同様、「悪魔の実」の系統に偏りはありません。また「能力者狩り」を行っていることからも今後仲間の全員が何かしらの能力者になることが予想されます。

ビッグマム海賊団

強者揃いの「ビッグマム海賊団」ですが、「パラミシア系のビッグマム」「パラミシア系のカタクリ」「パラミシア系のクラッカー」「パラミシア系のスムージー」「パラミシア系のペロスペロー」と主力メンバーの全員がパラミシア系の能力者となっています。その他の主だったメンバーである、「オーブン」「ダイフク」「ブリュレ」「プリン」「シュトロイゼン」「モンドール」についても全員がパラミシア系の能力者であり、「ビッグマム海賊団」は、「悪魔の実」がパラミシア系に偏った能力者集団となっています。

唯一の例外は、カメカメの実のぺコムズです。タマゴ男爵については詳細が明かされていませんが「獣」「半獣」「人」を任意で変更できないためパラミシア系である可能性が高いです。

百獣海賊団

最強生物カイドウ率いる「百獣海賊団」は「ゾオン系幻獣種のカイドウ」「ゾオン系古代種のキング」「ゾオン系古代種のクイーン」「ゾオン系古代種のジャック」「ゾオン系古代種のうるティ」「ゾオン系古代種のページワン」「ゾオン系古代種のドレーク」と主力は全員ゾオンの能力者となっています。その他のメンバーも人造悪魔の実「SMILE」を用いたゾオン系能力者となっており、「百獣海賊団」は、「悪魔の実」がゾオン系に偏った能力者集団となっています。

例外は、「最悪の世代」でカイドウの傘下に加わっている「パラミシア系のホーキンス」と「パラミシア系のアプー」ですが、カイドウを裏切る可能性が高いです。

赤髪海賊団の能力

他の四皇にない傾向

「赤髪海賊団」以外の四皇は下記のように能力系統が分かれています。

  • 「白ひげ海賊団」:能力に偏りなし(+無能力者)
  • 「黒ひげ海賊団」:能力に偏りなし(全員能力者?)
  • 「ビッグマム海賊団」:パラミシア系
  • 「百獣海賊団」:ゾオン系

これ以外となると「ロギア系」「無能力者」などが残ります。

ロギア系の能力者集団

「赤髪海賊団」がロギア系の能力者集団という事はあるでしょうか。「火」「雷」「氷」「光」「闇」と他の物語で良く出てくるような属性は「水」「風」「土」以外は既に登場しているので「赤髪海賊団」の人数分ロギア系の能力を用意するのは難しいかもしれません。

しかし、ロギア系には「煙」「砂」「沼」「ガス」「マグマ」といった属性に縛られない自然物も登場しているので、尾田先生がやろうと思えばいくらでも作り出せそうです。

無能力者集団

一番可能性が高いのは、無能力者集団の線かと思います。また、そう望んでいる読者も多そうです。能力含めて最強という「四皇」が多いので、1人くらいは「悪魔の実」に頼らずして最強であって欲しいところです。

武器に能力を持たせた集団

変わり種でいくと「犬銃ラッスー」や「像剣ファンクフリード」のように、それぞれが自分の武器に能力を持たせている集団という可能性もあります。シャンクスは「世界政府」の最高権力者である「五老星」と繋がりがあることが分かっているので、Dr.ベガパンクの技術を使っていても不思議ではありません。

いずれ立ちはだかる壁

「頂上決戦」を登場するだけで終わらせたり、キッドを返り討ちにしたりと、戦闘描写がないにもかかわらず強いことが分かっている「赤髪海賊団」ですが、「五老星」と面識があるなど、物語が進むにつれて謎は深まっています。「ワノ国編」以降「麦わらの一味」と戦う機会があるかもしれないので、実際どのような戦闘をするのか非常に楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA