記事更新ツイートはこちら

【Windows10】WindowsUpdateの更新・配信日について

WindowsUpdateの更新・配信日について

「WindowsOS」では「機能更新」や「品質維持向上」のため、毎月アップデートファイルが配信されていることをご存知でしょうか。そのため「WindowsUpdate」は毎月の実施が推奨されています。今回は、そんな「WindowsUpdate」のタイミングを逃さないためにも「WindowsUpdateの更新・配信日」について紹介していきます。

WindowsUpdateとは

「WindowsOS」では、インターネット経由で「セキュリティの更新」「機能の追加」「不具合の修正」などを含む「更新ファイル」をダウンロード・インストールすることができます。この作業を「WindowsUpdate」と呼びます。

更新・配信日

「WindowsUpdate」は「Patch Tuesday」ともいわれる「毎月第2火曜日(米国時間)」と決まっています。米国時間の第2火曜日なので、日本では時差の関係からその翌日の配信となります。

「毎月第2火曜日(米国時間)」の翌日なので「毎月第2水曜日(日本時間)」だと思っている人が多いのですが「1日が水曜の場合、第2火曜の翌日は第3水曜」となるため、日本での配信は「第3水曜日(日本時間)」になることがあります。

そのため「毎月第2水曜日(日本時間)」と覚えるのではなく、「WindowsUpdate」は「毎月第2火曜日(米国時間)」の翌日。と覚えるのが良いかと思います。

WindowsUpdateの注意点

「Microsoft」は「WindowsUpdate」配信後すぐに更新することを推奨していますが、「WindowsUpdate」は毎回何かしらの不具合を含んでいるため、多くの企業ではタイミングを少し遅らせてアップデートを実施しています。

「WindowsUpdate配信」→「問題の発覚」→「修正バッチの配信」と1週間~2週間ほどかかるため、個人的には3週間ほど遅らせてのアップデートがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA