記事更新ツイートはこちら

【Windows10】使用しているWindows10のバージョン確認方法

使用しているWindows10のバージョン確認方法

使用しているWindows10PCの確認方法をご存知でしょうか。Windows10のバージョンは、PC上のトラブルをカスタマーに問い合わせる際や、新しいソフトを購入する際などに聞かれることがあります。確認方法は簡単ですので、この記事を参考に自分のPCで確認してみてください。

Windows10のバージョンとは

『Windows10』は「Microsoft」が開発している「オペレーティングシステム」です。「Windows7」「Windows8」「Windows8.1」の後継として開発され、これ以上のメジャーアップデートがないことから「Windows最後のバージョン」と言われています。

「これ以上のメジャーアップデートがない」というのは「Windows7」→「Windows8」のように「OS」の入れ替えが必要なアップデートがないという意味であり『Windows10』はその中でアップデートが無償で行われていきます。これが『Windows10のバージョン』です。これまでは下記のようなバージョンがリリースされています。

バージョンビルドコードネーム
150710240Threshold 1
151110586Threshold 2
160714393Redstone 1
170315063Redstone 2
170916299Redstone 3
180317134Redstone 4
180917763Redstone 5
19031836219H1
19091836319H2
20041904120H1
20H21904220H2

バージョンの確認方法

下記手順で「バージョン」の確認が可能です。また同様の画面にて「エディション」や「OSビルド」「シリアル番号」も確認することができます。

  1. デスクトップ画面左下「Windowsマーク(スタート)」をクリック
  2. 「設定(歯車マーク)」をクリック
  3. 「システム」をクリック
  4. 左メニューを下までスクロールし「バージョン情報」をクリック
  5. 右画面「バージョン情報」にて「Windowsの仕様」の「バージョン」を確認

大型アップデートについて

Windows10では『大型アップデート』と呼ばれる、バージョンが変更される大きなアップデートが年2回実施されます。春と秋に実施されるこのアップデートでは、Windows10の機能や見た目が大きく変わるため、不具合が発生することも多いです。そのため、通常より長い時間のアップデート後にPCの調子が悪くなった場合は、自分が使っているPCのWindows10バージョンを確認し「Winodows10 2004(自分のバージョン) 不具合」などで検索することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA