記事更新ツイートはこちら

【ポケモンSV】物理型?特殊型?リザードンのワザ構成別★7レイド対策!

物理型?特殊型?リザードンのワザ構成別★7レイド対策!

2022年12月02日に1回目が開催される『★7レイドのリザードン』の準備は出来ているでしょうか。多くの方は『フェアリーテラスタルマリルリ』を用意しているようですが「ソーラービーム」や「かみなりパンチ」を覚えていた場合、「はらだいこ」で攻撃を上昇させてすぐにやられてしまう可能性があります。そこで今回は、パラドックスポケモン以外からリザードンのワザ構成別にオススメのポケモンを紹介していきます。

※当記事は『★7レイドリザードン』開催前に書かれています。開始後には最適解が出されると思いますので、育成素材を温存したい方はそちらが出るまで育成を待つことをお勧めします。

マリルリ推奨パターン

リザードンが「ソーラービーム」や「かみなりパンチ」「おにび」を覚えていない場合は、『フェアリーテラスタルのマリルリ(特性:ちからもち)』が活躍しそうです。(炎・ドラゴンタイプ半減)マリルリの強烈な物理攻撃は「特性:ちからもち」があればこそなので、草タイプの攻撃を無効化し攻撃が1段階上昇する「特性:そうしょく」では非推奨となります。

マリルリの構成

テラスタイプ フェアリー
せいかく いじっぱり
特性 ちからもち
努力値 H244、A252、D12
持ち物 オボンのみ
ワザ
  • はらだいこ ※自分A6段階アップ
  • じゃれつく
  • アクアブレイク
  • あまごい( or あまえる)

マリルリ × 4人の場合(例)

A B C D
1T はらだいこ はらだいこ はらだいこ はらだいこ
2T 攻撃応援 防御応援 回復応援 回復応援
3T じゃれつく じゃれつく じゃれつく じゃれつく

※2Tは「攻撃応援」が重複しないため他は適当に耐久系の応援にしています。

これで削り切れない場合はかなりの泥沼化すると思います。その場合は後述するデバフ・バフ用のサポート枠を設けるのが良いかもしれません。3Tまでに倒されてしまう場合は、リザードンが物理型であれば、1人がマリルリに「あまえる」を覚えさせるものアリです。その場合1T or 2TでDが「あまえる」使用することになります)

ニンフィア推奨パターン

リザードンが「アイアンテール」を覚えていない場合は、『フェアリーテラスタルのニンフィア(特性:フェアリースキン)』が活躍しそうです。(ドラゴンタイプ半減)特にリザードンが「ソーラービーム」や「かみなりパンチ」を覚えている場合はニンフィアの採用が多くなるかと思います。

ニンフィアの構成

テラスタイプ フェアリー
せいかく ひかえめ
特性 フェアリースキン
努力値 B86、C252、S172
持ち物 のどスプレー
ワザ
  • ハイパーボイス
  • ムーンフォース( or あまえる)
  • うそなき ※相手D2段階ダウン
  • ミストフィールド ※状態異常無効

ニンフィア×4の場合(例)

A B C D
1T ミストフィールド うそなき うそなき うそなき
2T 攻撃応援 防御応援 回復応援 回復応援
3T ハイパーボイス ハイパーボイス ハイパーボイス ハイパーボイス

※2Tは「攻撃応援」が重複しないため他は適当に耐久系の応援にしています。

マリルリ同様これで削り切れない場合は、後述するバフ・デバフのサポート枠を1~2用意すると安定して攻略することができるかもしれません。3Tまでに倒されてしまう場合は、リザードンが物理型であれば、1人がニンフィアに「あまえる」を覚えさせるものアリです。その場合1T or 2TでDが「あまえる」使用することになります)

活躍しそうなサポート枠

リザードンが物理型の場合

リザードンが物理型の場合は「相手の攻撃を下げるワザや特性がある」「味方の防御を上げるワザや特性がある」「味方の攻撃(もしくは特攻)を上げるワザや特性がある」といった特徴を持つポケモンが必要となります。該当する中では、炎タイプのワザを受けると防御が2段階上昇する「特性:こんがりボディ」を持つ「バウッツェル」がオススメです。

バウッツェルの構成

テラスタイプ フェアリー
せいかく わんぱく
特性 こんがりボディ
努力値 H252、B252、D6
持ち物 オボンのみ
ワザ
  • あまえる ※相手のA2段階ダウン
  • てだすけ ※味方1人の火力1.5倍
  • じゃれつく
  • ミストフィールド ※状態異常無効

バウッツェルの立ち回り(例)

D
1T ミストフィールド
2T あまえる
3T てだすけ

リザードンが特殊型の場合

リザードンが物理型の場合は「相手の特攻を下げるワザや特性がある」「味方の特防を上げるワザや特性がある」「味方の攻撃(もしくは特攻)を上げるワザや特性がある」といった特徴を持つポケモンが必要となります。該当する中では、防御・特防共に種族値が優秀でバフ・デバフを撒くことができる「ブラッキー」がオススメです。

ブラッキーの構成

テラスタイプ なんでもOK
せいかく わんぱく
特性 なんでもOK
努力値 H252、B252、D6
持ち物 こうかくレンズ
ワザ
  • ちょうはつ
  • うそなき ※相手のD2段階ダウン
  • てだすけ ※味方1人の火力1.5倍
  • バークアウト ※相手のC1段階ダウン

※味方が物理アタッカーなら「いやなおと」を、味方が特殊アタッカーなら「うそなき」を採用

ブラッキーの立ち回り(例)

D
1T バークアウト
2T うそなき
3T てだすけ

最悪のパターン

リザードンが「ソーラービーム」「かみなりパンチ」「おにび」「アイアンテール」を全て使ってくる場合、『獄頣鳴鳴篇』となります。(私の手には負えません)

[Yotube]:ポケモン動画投稿しています!

紹介したポケモンは汎用性が高い

ここで紹介したポケモンは汎用性が高く、ワザを少し変えるだけで他で活躍する場面も多いです。日々の「★6レイド」や今後の「★7レイド」でも活躍する可能性があるため、是非とも今後の参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA