記事更新ツイートはこちら

【SQL Server2019】SQLを使ってみよう!MSSQL・SSMSのインストール方法

SQLを使ってみよう!MSSQL・SSMSのインストール方法

SQLの練習を兼ねて自宅のPCに『SQL Server2019』と『SQL Server Management Studio』をインストールしていきます。PC内にデータベースを構築したい方や、実際にDBを使いながらSQLを練習したいという方は、参考にしてみてください。

SQL Serverとは

『SQL Server』は、Microsoftが開発した『データベース管理システム』です。『Microsoft SQL Server』が正式名称であり、『MSSQL』と略されることもあります。

Microsoftが開発しているため『WindowsOS』と相性が良く『WindowsServer』で利用されていることが多いDBとなっています。システムの規模に合わせてエディションが分かれており、開発用途の『Developer』小規模システム向けの『Express』は無償で提供されています。

SQL Server のインストール

今回は、無償で提供されている『Express』版を導入していきます。バージョンは『2019』です。まずは公式サイトからインストーラーをダウンロードします。

Microsoft公式サイト

サイトにアクセスしたら『Express』の『今すぐダウンロードする』をクリックします。ダウンロード場所はデスクトップを指定すると分かりやすいです。

 

ダウンロードが完了したら、保存したインストーラーを右クリックし『管理者実行』で起動します。インストール種類では『カスタム』を選択し、ダウンロード場所を指定して『インストール』をクリックします。※ダウンロード場所については特にこだわりがなければデフォルトのままで問題ありません。

『SQL Server インストール センター』画面開始後『SQL Server の新規スタンドアロン インストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加』をクリック。その後『ライセンス条項』に同意し『次へ』をクリックします。

『インストール ルール』の内容を確認し、問題がなければ『次へ』をクリック。『インスタンスの構成』では『インスタンスID』を指定することができます。特にこだわりがなければ『既定のインスタンス』で問題ありません。インスタンスIDを決めたら『次へ』をクリックします。

『データベース エンジンの構成』まではそのまま『次へ』で進めてください。『データベース エンジンの構成』では『混合モード』を選択することで、データベースの管理者ユーザー(sa)の設定ができます。任意のパスワードを入力したら『次へ』をクリックします。

『完了』まではそのまま『次へ』で進めてください。インストール完了後には『閉じる』をクリックし『SQL Server インストール センター』画面に戻ります。※引き続き『SQL Server Management Tools』をインストールするので『SQL Server インストール センター』の画面は閉じないでください。

SQL Server Management Tools のインストール

『SQL Server インストール センター』画面で『SQL Server 管理ツールのインストール』をクリック。ダウンロード画面に遷移するので『使用できる言語』内の『日本語』をクリックしてダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、保存したインストーラーを右クリックし『管理者実行』で起動。ダウンロード場所を指定して『インストール』をクリックします。※ダウンロード場所については特にこだわりがなければデフォルトのままで問題ありません。『セットアップが完了しました』と表示されたら『閉じる』で画面を閉じてインストール完了です。

SQL Server Management Tools の起動

『MSSQL』『SSMS』インストール後、念のため一度PCを再起動してください。再起動後、デスクトップ左下『スタート(Windowsマーク)』をクリックし『M』の項目から『Microsoft SQL Server Tool』フォルダを開きます。

フォルダ内に『Microsoft SQL Server Management Tools』があるのでクリックして起動します。※毎回この方法で開くのは面倒なので、右クリックで『スタートにピン留め』か、右クリックで『その他』内の『タスクバーにピン留め』することをオススメします。

起動後には『SQL Server 認証』を選択し、インストール時に決めたパスワードを入力して『接続』をクリックします。※『ログイン』は『sa』で共通です。

下記のような画面に遷移したら起動完了です。

環境の構築は完了

これでDBを使用する環境を構築することが出来ました。今回は導入までとなりますが、ここから先は『SSMS』を用いて実際にSQLを実行していくことが可能です。SQLの練習やアカウント管理、Webサービスの作成など『MSSQL』『SSMS』を使って挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA