記事更新ツイートはこちら

【自転車】ロードバイクとクロスバイクとマウンテンバイクの違いまとめ

ロードバイクとクロスバイクとマウンテンバイクの違いまとめ

筋トレばかりではなく有酸素運動も取り入れるべく自転車を購入することにしたのですが「ロードバイク」と「クロスバイク」と「マウンテンバイク」の違いが分からず、どれを買えばよいのか悩む羽目に。そこで今回は、用途・価格・性能など「ロードバイク」と「クロスバイク」と「マウンテンバイク」の違いを調べてみました。

ロードバイクについて

ロードバイクとは

ロードバイクとは、国際自転車競技連合が定めたロードレース用自転車、またはそれに準じた自転車を指します。「ロードレーサー」と呼ばれることもあり、主に路上を長距離走ることを目的に設計されています。

ロードバイクの特徴

ロードバイクは、少しでも速く長い距離を走るための特徴を数多く備えています。風を避けやすく、疲れにくい前傾姿勢を保てるようなフレーム・ハンドル設計。摩擦抵抗を減らすための細いタイヤ。極限まで軽くした車体。20以上の変速ギア。荒い地面が苦手で価格が高いというデメリットはあるものの、デメリット以上の価値があります。路面であれば1時間に14kmの距離を走ることが可能です。

ハンドル ラウンド形状
タイヤ幅 700×25c – 28C
旅行速度 14km/h
変速ギア 20以上
車体重量 6 – 10kg
価格 10万円以上
用途 舗装道路の長距離走行

クロスバイクについて

クロスバイクとは

クロスバイクとは、マウンテンバイクの感覚を残しつつ舗装道路での快適性を向上させる目的で登場した自転車です。「クロスオーバーバイク」と呼ばれることもあり、街乗りからサイクリングまで可能となっています。

クロスバイクの特徴

クロスバイクは、サイクリングから街乗りまでこなす万能自転車です。ロードバイクとマウンテンバイクの中間のような性能を備えており、価格帯も他と比較して安価となっています。より速く、より遠くへ走りたい人はロードバイクを、山など荒い地面を走行したい場合はマウンテンバイクを買うのが最適解ですが、それ以外であれば、ある程度何でも可能なクロスバイクを選ぶのがオススメです。

ハンドル ストレート形状
タイヤ幅 700×28c – 35C
旅行速度 11km/h
変速ギア 0 – 20以上
車体重量 10 – 12kg
価格 5万円以上
用途 街乗りやサイクリング

【2022年版】5万円前後で買える有名メーカーのクロスバイクまとめ

【クロスバイク】3万円台で買えるVブレーキ採用・21段変速ギア搭載のクロスバイクまとめ

マウンテンバイクについて

マウンテンバイクとは

マウンテンバイクとは、荒い地面や山中での高速走行や急坂登降などを目的に、軽量化・耐衝撃性・走行性能の向上を図った構造の自転車のことです。

マウンテンバイクの特徴

マウンテンバイクは、荒い地面や山中などのオフロードを走破することに重きを置いた自転車です。フレームやハンドルなどはロードバイクと同じような構造になっていますが、凹凸の激しい道でも快適に走るためのサスペンションや、溝や段差で転倒しないための太いタイヤが特徴となっています。

ハンドル ストレート形状
タイヤ幅 26インチ – 29インチ
旅行速度 11km/h
変速ギア 0 – 20以上
車体重量 10 – 15kg
価格 5万円以上
用途 オフロード走行

各種自転車の違いまとめ

各自転車の違いを一覧にまとめると下記のようになります。自分の予算や用途に合わせた自転車を選んでみてください。

車種 ロードバイク クロスバイク マウンテンバイク
ハンドル ラウンド形状 ストレート形状 ストレート形状
タイヤ幅 700×25c – 28C 700×28c – 35C 26インチ – 29インチ
旅行速度 14km/h 11km/h 11km/h
変速ギア 20以上 0 – 20以上 0 – 20以上
車体重量 6 – 10kg 10 – 12kg 10 – 15kg
価格 10万円以上 5万円以上 5万円以上
用途 舗装道路の長距離走行 街乗りやサイクリング オフロード走行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA